FX手数料 FX業者比較
 













■ マージンコールとロスカット

FXではレバレッジを効かせた大きな資金で取引することが可能ですので、為替レートが大きく動いたときに大きな損失が出ないようにするための仕組みがあります。

マージンコールとは保有しているポジションの損失が拡大して、取引口座の担保力が不足したときに保証金の追加を請求されることをいいます。

この時点で追加の保証金を差し入れるか、ポジションを精算するかの判断と行動が必要となります。

マージンコールでの対処がなされなかったり、為替レートの急激な変動でさらに損失が拡大したときに保有しているポジションを自動的に精算します。これをロスカットといいます。

ロスカットのシステムは預け入れている資金以上に損失が出ないことを補償するものではありませんので、マージンコールやロスカットが行われない範囲で取引するよう注意が必要です。

マージンコールとロスカットは高いレバレッジでの運用をする時のシステムなので、レバレッジ1倍での運用であればマージンコールやロスカットは考えなくてもいいです。











Copyright(C) FX手数料比較・FX業者比較  All Rights Reserved
シヲシク縺ァ縺ッ縺倥a繧玖ウ逕」驕狗畑譬ェ蠑乗兜雉 螢イ雋キ繝繧ッ繝九ャ繧ッ螟門嵜轤コ譖ソ豈碑シ縺ッ縺倥a縺ヲ縺ョシヲシク FX蜿門シ包スコススセ豈碑シ繝弱シ繝ェ繧ケ繧ッ シヲシク謚戊ウ豕 ''