FX手数料 FX業者比較
 













■ スワップポイントとは

スワップポイントとは、金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買うことによって生まれる金利差益のことです。

日本円で米ドルを買うと、「日本円を売って米ドルを買う」ことになります。

たとえば、仮に日本の金利が0.5%、アメリカの金利が5.5%だとすると、この金利差×購入金額を受け取ることができます。

スワップポイントは、各FX取引会社の経費などもあるため、実際計算した金利差よりは少なくなりますが、毎日受け取ることも可能です。

2006年10月現在、米ドルが1ドル約117円の時にスワップポイントが1日160円ほどついていましたので為替レートや各国の金利が変わらなければ、日本円で米ドルを1万通貨買って(117円の時で117万円)保有しておくだけで年間58400円受け取ることができます。

スワップポイントは各FX取引会社によって金額が違いますので、FX取引会社のホームページで確認しておきましょう。

ただし、逆に、金利の高い国の通貨を売って、金利の安い国の通貨を買うとスワップポイントを支払わなければいけないので注意が必要です。











Copyright(C) FX手数料比較・FX業者比較  All Rights Reserved
シヲシク縺ァ縺ッ縺倥a繧玖ウ逕」驕狗畑譬ェ蠑乗兜雉 螢イ雋キ繝繧ッ繝九ャ繧ッ螟門嵜轤コ譖ソ豈碑シ縺ッ縺倥a縺ヲ縺ョシヲシク FX蜿門シ包スコススセ豈碑シ繝弱シ繝ェ繧ケ繧ッ シヲシク謚戊ウ豕 ''